最新の虫歯治療

歯科器具

歯科には様々な診療科目がありますが、その中にインプラントというものがあります。
インプラントとは、人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工歯を装着する治療法です。
簡単に言えば、失った歯を補うための治療法です。
インプラントは、歯科医療の中では比較的新しい治療法です。
そのせいもあって、すべての歯科で行われている治療法ではないのです。
ただ、新しいといっても日本に導入されたのは1980年代のことです。
ですから、それなりに歴史も実績もある治療法であり、それ故、すごく珍しい治療法というわけではないのです。
従って、すべての歯科とはいかなくても、それなりに治療を行っている歯科の数はありますので、治療を受けることが困難な治療法というわけではないのです。

歯を補う治療法は、他にも入れ歯やブリッジがあります。
ただ、入れ歯もブリッジも噛む能力に問題を抱えています。
言うまでもなく天然の歯は、顎骨に固定されています。
ですから、思う存分噛むことができます。
しかし、入れ歯もブリッジも顎骨には固定されていない治療法なのです。
ですから入れ歯とブリッジは、見た目には歯が再現できたとしても、天然歯があった時のように強く噛むことは困難な治療法なのです。
しかし、インプラントは埋め込んだ人工歯根が顎骨に定着するように施されますので、しっかりと顎骨に固定されています。
ですから、入れ歯やブリッジよりも強い力で噛むことができるのはもちろんのこと、天然の歯と同等の強さで噛むことさえも可能になっているのです。
このような理由から、インプラントは現在、失った歯を補う最善の治療法だとされています。