子どもから大人まで

虫歯の女性

歯科治療は妊婦中の方でも受診することが可能です。
妊婦中に歯科治療をおこなってはいけないということはありません。
ただし、妊娠初期の場合や、長時間にわたる治療はなるべく避けた方が良いので、歯医者さんに事前に相談してから治療を受けるかどうかを決めるようにしましょう。
妊娠によるホルモンバランスの変化によって、口の中の環境も変化し、虫歯や歯周病になりやすくなると言われています。
一番の原因は、つわりやなどによって妊娠前のように歯磨きが十分に行えなくなることや、間食などが増える食生活の変化です。
妊娠そのものが原因ではなく、環境が変化したことが原因なので、まずは自分の普段の生活を見直して、歯医者さんに気軽に相談してみましょう。

最近は妊婦さんが利用しやすい歯医者さんが増えています。
妊婦さんであれば無料で受診できるところも増えているので、ぜひそのような歯医者さんを活用して、妊婦中の歯の健康を心がけましょう。
少しでも歯の異常を感じたら、早めの受診が大切です。
とくに妊婦中は十分な歯磨きができない場合が多いので、歯医者さんにクリーニングを行ってもらうことをオススメします。
妊娠中期以降の安定期であれば、ほとんどの方が問題なく歯科治療を受けることができるので、まずは気軽に歯医者さんに相談してみることをオススメします。
とくに妊娠中の歯周病菌はお腹にいる赤ちゃんにも感染することがあるので、なるべく早めに歯医者さんに相談するようにしてください。